源光庵

源光庵

悟りの窓(丸窓)、迷いの窓(角窓)から覗く庭の風景で有名な曹洞宗の禅寺です。紅葉の季節もすばらしい景色で人気の観光地です。本堂の⾎天井は、伏⾒桃⼭城の遺構です。徳川家康の忠⾂・鳥居元忠を含む380余人が自刃したときの血の痕が残っています。

源光庵の基本情報

よみがなげんこうあん
建立年1346年(貞和2年)
アクセス二条駅から京都市営バス6号系統「鷹峯源光庵前」下車
駐車場自家用車25台分 無料
拝観料大人(中学生以上)400円 小人 200円
※11月は500円
拝観時間9:00~17:00
※法要行事のあるときは拝観中止の時間あり。
住所〒603-8468 京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47
電話075-492-1858
公式サイトhttps://genkouan.or.jp/

源光庵の境内

源光庵の関連情報

関連リンク

源光庵と同じく血天井が供養されている寺院。
⇒ 養源院正伝寺宝泉院興聖寺

関連記事

  1. 二尊院

    二尊院

  2. 宝鏡寺(人形寺)

    宝鏡寺(人形寺)

  3. 修学院離宮

    修学院離宮

  4. 安井金比羅宮

    安井金比羅宮

  5. わら天神宮(敷地神社)

    わら天神宮(敷地神社)

  6. 保津峡

    保津峡

カテゴリー